スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典文学の美しさ

著書「知覧特別攻撃隊」より。
遺書

母上お元気ですか
永い間本当に有難うございました
「我六歳の時より育て下されし母
継母とは言へ世の此の種の女にある如き」
不祥事は一度たりとてなく
慈しみ育て下されし母
有難い母 尊い母

俺は幸福だつた
遂に最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
幾度か思ひ切って呼ばんとしたが
何と意志薄弱な俺だつたらう
母上お許し下さい
さぞ淋しかったでせう
今こそ大声で呼ばして頂きます
お母さん お母さん お母さんと

相花信夫 少尉 第七十七振武隊
昭和二十年五月四日出撃戦死 十八歳


凄く美しい文章だと思ったの
今の日本人の文章にはその美しさの欠片程もないの
美しさの表現の仕方が多様化して
絵とか音楽とか色んな物に変わってきたって事もあるけれど
この美しさは後世まで語り継がれて欲しいなー

これハム速に載ってたんだけど
前にどっかのスレで見た事あるんだよな・・・
どこのスレだったか思い出せないけど
それにしても18歳で少尉って結構凄いと思うんだけど
その当時は普通だったのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。